治験について

治験とは

新しく開発中の薬が、今ある薬よりも有効か、また副作用が少なく安全であるかどうかを確認する試験のことを「治験」といいます。現在、私たちが使用している薬はすべて「治験」により国(厚生労働省)から承認されたものであり、協力いただいた患者さんの協力によるものです。
新しい薬が承認され、皆さんが使えるようになるまでには非常に長い年月がかかります。
より良い薬を少しでも早く使えるようにするためには、皆さまの協力が必要不可欠なのです。

治験のルール

治験には、参加者の人権や安全を最優先するための「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という厳しい規則があります。また治験実施には、この基準に定められた要件を満たす病院だけが選ばれます。
治験を行う医師は、患者さんに「治験」について十分説明し、患者さんはその内容をよく理解された上で、ご本人の自らの考え(判断)により参加することに同意(インフォームド・コンセント)していただく必要があります。

※治験についての詳細は下記厚生労働省サイトからもご確認頂けます。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/chiken/1.html

治験に参加するためには

  • 治験の参加にご興味のある方は、担当医師までお申し出ください。
  • 治験参加には条件があります。
  • ご協力いただいた方には、規則に則った「負担軽減費」が支払われます。